【おすすめ文房具】実はこだわりが詰まっている?!シャーペンの芯のおすすめまとめ5選!

シャーペン 芯

ゆーぽん(@jiyucho33)です!

普段はボールペンを使うことが多いのですが、まだまだお世話になるシャープペンシル。

シャープペンシル本体はこだわっているのに、芯はなんとなくで選んでいませんか?

販売している文房具メーカーは少ないですが、書きやすさや濃さ、折れにくさなど、様々な工夫がある商品です。

芯はシャーペン本体よりも実際に紙に接触する部分なので、書き味に大きく関わってくる部分ですよね!

そこで今回は実はこだわりが詰まっている?!シャーペンの芯のおすすめまとめ5選!についてご紹介します!

いつもなんとなくで選んでいるシャーペンの芯ですが、この機会に見直してみてはいかがでしょうか?

ぺんてる シャープペン芯 アイン シュタイン

強度があるのになめらかさもある凄い芯「シュタインのシャープペン替芯」
「シュタインのシャープペン替芯」は、硬くすれば折れにくくなり、なめらかにすれば折れやすくなる。
このような相反する「強度」と「濃度」の関係をシュタインは「強く」そして「濃い」筆跡を現実のものにした。
(Amazonより)

▽ぺんてる シャープペン芯 アイン シュタイン

三菱鉛筆 シャープペン芯 ナノダイヤ

超最強“ナノダイヤ”を配合の替芯が登場
シャープペンの芯の弱点はやはり、「折れやすい」ことです。本商品は、ダイヤモンドの超微粒子ナノダイヤが配合されており、なめらかな書き味に向上しつつ、従来の芯と比べて“折れにくい”強度を実現しました。
濃く、なめらかで、折れにくい。これまでの弱点を補いつつ、さらにシャープ芯としての基本性能をアップした本商品は、筆圧が強い方などにも、お薦めです。
また、環境に配慮した「エコマーク認定」商品でもあります。
(Amazonより)

▽三菱鉛筆 シャープペン芯 ナノダイヤ

シャープ替芯 ネオックスグラファイト

高純度のグラファイトを配合することで、「なめらかで、折れにくい」を実現したシャープ替え芯です。
芯の長さ:60mm。入り数:40本。芯の色:黒。
(Amazonより)

▽シャープ替芯 ネオックスグラファイト

コクヨ シャープペン 替え芯

折れにくく太いシャーペンの芯
筆箱にひとつあるだけで便利なのがシャーペンの替え芯だ。複数購入して、職場は学校の、自宅の机などに置いておくのもいい。大事な場面で書けなくなる、などということのないよう普段からの備えを大事にしたい。
また、当然ながら使うシャーペンに適した替え芯を用意したい。シャーペンの替え芯には、鉛筆と同じようにBやHBなど硬さの違いがあり、書き味も違ってくるので自分好みのものを選ぼう。
0.9mmや1.3mmなどサイズ違いも取り揃えているので必要なものを手に入れよう。
(Amazonより)

▽コクヨ シャープペン 替え芯

北星鉛筆 大人の鉛筆 替え芯

大人の鉛筆用2mm替え芯。
高級国産芯だから、書き味は滑らかで、しっかり黒く濃く書けます。
(Amazonより)

▽北星鉛筆 大人の鉛筆 替え芯

(おまけ)オート 芯ケース

真鍮素材の、こだわりを感じさせる芯ケースです!
【特長】・こだわりが感じられるレトロな風合いの真鍮製芯ケースです。
・ネジ仕様の蓋なので、開いて中身が出る心配が少なく、芯をしっかり守ります。
(Amazonより)

▽オート 芯ケース