【おすすめ文房具】使いやすくてカラバリも豊富!ぺんてるのシャープペンシルおすすめまとめランキングベスト5!

ぺんてる

ゆーぽん(@jiyucho33)です!

ここ数年、様々な機能を搭載して盛り上がっているシャープペンシル業界。

その中でも「スマッシュ」や「オレンズネロ」など話題作の多い“ぺんてる”は外せません!

私は大人になってからシャープペンシルを使う機会が減ってしまいましたが、実際に使ってみると本当に書きやすいです!

製図用シャープペンシルの技術が受け継がれているからなんですね。

カラーバリエーションも豊富で、お気に入りの色は欲しくなります!

大人になってからシャープペンシルに復帰したという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は使いやすくてカラバリも豊富!「ぺんてるのシャープペンシル」についてご紹介します!

ぺんてる シャープペン スマッシュ

Amazon筆記具ランキング1位のシャープペン
Amazon.co.jpシャープペンカテゴリベストセラー1位を獲得し、さらに「Amazonランキング大賞2015」筆記具カテゴリでもランキング1位をも受賞しているぺんてるのシャープペン「SMASH(スマッシュ)」。
そんな「スマッシュ」の認知度を上げた理由・魅力とは製図用シャープペンで有名な「グラフ1000」の高性能さを持ちつつ、普段使いでも使えるように作られたシャープペンとして企画されたことによるものでした。
(Amazonより)

▽ぺんてる シャープペン スマッシュ

ぺんてる シャープペン オレンズネロ

【オレンズネロ】
芯を出さないで書くから不思議なほど芯が折れないオレンズシャープペンシル。最高峰モデルのオレンズネロが登場。
最初に一回ノックするだけで、自動で芯が出てくる自動芯出し機構を備えているので、芯がなくなるまで書き続けることができる。ボディの材質は樹脂と金属を混ぜ合わせた特殊素材を使用。低重心バランスが安定した筆記を提供。
(Amazonより)

▽ぺんてる シャープペン オレンズネロ

ぺんてる シャープペン グラフギア1000

「グラフギア1000」は製図用、絵描き用として機能満載なシャープペン
世界中のプロに選ばれるロングセラーである「グラフ1000 フォープロ」の後継モデルや「グラフギア500」の上位機種という位置づけで評されている。
重みが適度にあり、筆記時に線や文字を確認できる細身のペン先は定規をあてやすい4㎜ガイドパイプで安心設計。
グリップの握り具合も滑ることがないので製図用ならではの使用感。
安定した様々な要素を持ち合わせている「グラフギア1000」は見た目も高級感あふれるオールメタリックのボディであり、数年前に『グッドデザイン賞』を受賞している。
(Amazonより)

▽ぺんてる シャープペン グラフギア1000

ぺんてる シャープペン グラフ1000 フォープロ

グラフ1000フォープロは、世界中のプロに選ばれるロングセラー。
製図用として有名ですが、デザイナーやイラストレーターなど、“手書き”にこだわりを持つ職業の方に愛用者が多いシャープペンです。
フリーハンドで思い通りに描きやすく、一般筆記など普段使いにも最適。
会議中のメモや速記、手帳への書き込み、学習用などに活用している方も多いようです。手にすると、存在を忘れてしまうほど自然な使い心地で、「書く」ことだけに集中したい方には特におすすめです。
(Amazonより)

▽ぺんてる シャープペン グラフ1000 フォープロ

ぺんてる シャープペン グラフ1000

ロングセラー「グラフ1000」のカラー仕様である。
「グラフ1000CS」は製図用として有名ですが、デザイナーやイラストレーターなど、“手書き”にこだわりを持つ職業の方に愛用者が多いシャープペンです。
フリーハンドで思い通りに描きやすく、一般筆記などにも最適。お仕事中のメモや速記、手帳への書き込み、学習用などに活用している方も多いようです。
一度手にすると、存在を忘れてしまうほど自然に馴染んできますので特に「書く」ことだけに集中したい方にはおすすめです。
(Amazonより)

▽ぺんてる シャープペン グラフ1000