【おすすめ文房具】ロングセラーの宝庫!Tombow(トンボ)のおすすめ文房具まとめ5選!

トンボ

ゆーぽん(@jiyucho33)です!

先日、多くの人が使ったことがあるであろう文房具メーカーとしてKOKUYO(コクヨ)を紹介しましたが、今回はTOMBOW(トンボ)です!

トンボも鉛筆、色鉛筆、MONO消しゴムなど名作ぞろい。

私は子供の頃はトンボの鉛筆や消しゴムをよく使っていましたが、大人になってみると一番使うのがスティックのりの「消えいろPIT」ですね。笑

改めて振り返ると、デザインもほぼ変わらずにロングセラー商品になっています。

大人から子供まで、誰にでも使いやすい安心感のある文房具ということですね!

トンボ鉛筆 鉛筆 ハローネイチャー

環境に配慮して、本来は捨てられてしまう端材をフィンガージョイントでつなぎ合わせました。木目を活かした表面塗装で木の温かみを感じさせる色鉛筆セットです。
自然・動物からのメッセージを鉛筆へ
一般的な鉛筆の箱・鉛筆軸のデザイン・カラーでは見られない、廃材となった端材を再利用し木のぬくもりと香りを感じられるソフトでやさしいウッドのカラーと、動物の親子の様子(子どもの顔に頬を寄せる親)のイラストが描かれています。
また、動物親子の絵柄別で、鉛筆軸に違う色が部分的に入れられていて、ウッドとのコントラストが印象的になっています。
鉛筆に表現されている、すべてから大切なことを感じることができると思います。
(Amazonより)

▽トンボ鉛筆 鉛筆 ハローネイチャー

トンボ鉛筆 消しゴム MONO

消しカスが少ない高性能消しゴム
消字力が強力で、消しカスが少ない高性能消しゴムです。消しカスの固まりができたら、つまんで捨てればよいため、小さなお子様でも簡単に処理することができます。
机の上や床を汚すといったことが少なくなり、楽に片付けることができるのもうれしいポイントです。
(Amazonより)

▽トンボ鉛筆 消しゴム MONO

トンボ鉛筆 色鉛筆

ロングセラー色鉛筆の理由
日本を代表するカラーペンシルブランドのトンボ鉛筆から、「色鉛筆NQ シリーズ36色」のご紹介です。
このシリーズの特徴は、大きく分けて3つあります。鮮やかな発色、優れた定着性、滑らかな書き心地です。
まず、紙への定着性に優れていますので、重ね塗りをしたさいの色の表現の幅を広げます。
そして、滑らかなタッチの書き心地を実現していますので、創造性を止めることもなく、鮮やかな発色を保ちながら描くことができます。
(Amazonより)

▽トンボ鉛筆 色鉛筆

トンボ鉛筆 スティックのり 消えいろピット

塗ったところが色で確認できるスティックのり「消えいろピット」
塗ったところがブルーに発色することで、塗り残し、塗り過ぎ、はみ出しなどが防止ができる。
乾くと無色透明で、キレイに仕上がる。
(Amazonより)

▽トンボ鉛筆 スティックのり 消えいろピット

トンボ鉛筆 シャープペン ZOOM

高級感漂うボディはビジネスシーンにも最適の1本。重厚ながら絶妙な筆記バランスが際立つロングセラー。
ラバーグリップとほど良い太軸。心地よい確かなホールド感を生みだすラバーグリップと絶妙な太さ。低重心設計の筆記バランスが至福の筆記巻をもたらす。
1986年に誕生したZOOMのファーストモデル。ZOOMを代表するフラッグシップモデル。1986年、ZOOMの誕生とともに愛され続けている不朽のロングセラーモデル。
ペンの機能美を追い求め続けるZOOM。「ZOOM(ズーム」は、1986年から続くトンボ鉛筆のデザイン筆記具シリーズ。使いやすさと美しさを兼ね備えたペンを追求。
(Amazonより)

▽トンボ鉛筆 シャープペン ZOOM