コーチングがわかるおすすめ本まとめ5選!〜ビジネスや教育で使えるやる気を引き出す方法〜

コーチング 本

ゆーぽん(@jiyucho33)です!

今回は「コーチングがわかるおすすめ本まとめ5選」についてご紹介します!

コーチングがわかるおすすめ本の選び方ガイド

  • まずはこの一冊から→マンガでやさしくわかるコーチング

  • 文章が苦手でマンガや図解で理解したい→図解 コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく

  • 会社ですぐに活用したい→3分間コーチ

  • 小さくて持ち運びに便利→目からウロコのコーチング

  • 小説(物語)で読みたい→ザ・コーチ

マンガでやさしくわかるコーチング

ビジネスを中心に、教育、スポーツ、さまざまな場で活用されているコミュニケーション手法・コーチング。
その基本を、ストーリー仕立てのマンガと解説のダブル構成で楽しく学べる1冊です。
ストーリーの主人公は、飲料メーカーに勤める山吹響子30歳。
マネジャーに抜擢されたものの“自分流”のマネジメントが通用せず苦しむ日々を送る響子がコーチングと出会い、成長する様子を描きます。
(Amazonより)

マンガでやさしくわかるコーチングのおすすめポイント

おなじみの「マンガでやさしくわかる」シリーズ。

コーチングって難しそう…と思っていたのですが、マンガなのですぐ読めました。

ストーリーで理解できるので、コーチングを学ぶとどういう変化があるのかわかりやすいです。

▽マンガでやさしくわかるコーチング

図解 コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく

我が国随一のコーチングファームによるコーチング研修の最人気セッションを図解版で!
なぜ、あいつはああなのか?
なぜ、上司はそう反応するのか?
なぜ、自分はこうなるんだ!?
タイプが分かれば、うまくいく

「コーチング」の大原則として、人に対するアプローチの仕方をタイプ別に使い分ける手法があります。
人それぞれ違う価値観や性格、行動パターンなどをタイプ分けし、それを深く理解することでコミュニケーションの質は格段に上がっていきます。
本書はコーチング理論に基づいたタイプ別アプローチの解りやすい実践書です。
複雑な組織の中で、より良い人間関係を築きたいと感じている方におすすめします。
(Amazonより)

図解 コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいくのおすすめポイント

コーチングについて、図解で理解できる一冊です。

自分でコーチングのタイプを理解できる「タイプ別診断」があるのが良いですね。

自分のタイプと相手のタイプを考慮して対応することができます。

▽図解 コーチング流タイプ分けを知ってアプローチするとうまくいく

3分間コーチ ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術

わが国のコーチング界をリードする第一人者による、誰にでも、今すぐできて、自然に続く、究極の人材マネジメント・メソッド。それが、この「3分間コーチ」です。
骨子は、著者がニューヨーク大学での講演でも話し、世界中から集まったコーチ達の喝采を浴びました。
もともとは、アメリカで生まれ、著者は、はじめてそれを本格的に日本に導入したことで知られますが、それを、日本ならではの人材マネジメント手法として進化させ、それが、欧米からも注目されているのです。

その基本は、コーチングのスキルではなく、まず、部下のために3分の時間をとること、部下のことを考える時間をとることです。
マニュアル通りの質問技術を覚えることではなくて、部下を理解し、部下に話させ、部下を成長させることを目的とします。
(Amazonより)

3分間コーチ ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術のおすすめポイント

「3分間コーチ」は特に「上司と部下」という関係に効くコーチングの本です。

会社内でのコーチングの心構えから、“こういう場面ではこうする“というようなシーンを具体的にイメージすることができます。

これからコーチングを本格的に身に着けたい方は必読の一冊。

▽3分間コーチ ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術

目からウロコのコーチング なぜ、あの人には部下がついてくるのか?

相手のモチベーションを上げて最良の結果を導く! コーチングの入門書の決定版

「どうすれば、部下のやる気を引き出し、成果を上げることができるだろうか」?
――多くのチームリーダーが抱える悩みである。

本書では、多くの経営者・管理者を指導してきたカリスマコーチが、「上司と部下」「セールスマンと顧客」「銀座№1ホステスと常連客」のケースなど、豊富な事例を挙げながらコーチングの本質をわかりやすく伝授。

「コーチとは、聴いて・受け入れて・質問すること」「答えはその人の中にある」と筆者はいう。コーチングの基本技術の一つ「聴く」ことについても、「答えを誘導しない」「承認と褒めることとの違い」等、具体例にもとづき詳しく解説しているので、現場で応用しやすい。

初心者からさらにスキルを深めたい人まで、「こういうことだったのか! 」と、評判の既刊『目からウロコのコーチング』に加筆・修正し再編集。

「明日から会社で応用できる! 」
「あいまいだった何かが“ストーン! “と腑に落ちる」
「入門書としても、専門家にとっても価値のある一冊」
「人とのコミュニケーションが苦手だと思っている方におすすめ」
(Amazonより)

目からウロコのコーチング なぜ、あの人には部下がついてくるのか?のおすすめポイント

「目からウロコのコーチング」も3分間コーチと同様に上司と部下に絞って書かれている本です。

イラストもあり親しみやすい雰囲気ですね。

文庫サイズなので持ち運びやすいのもおすすめのポイントです。

▽目からウロコのコーチング なぜ、あの人には部下がついてくるのか?

ザ・コーチ

あなたの中にある無限の可能性は、目覚める時をずっと待っています──。
ある日突然、未来の自分が変わり出す!
全国の企業や自治体・学校で、延べ3000時間以上にわたり、多くの人の夢や目標の実現をサポートしてきたコーチングのエキスパートが書き下ろす感動のコーチング・サクセスストーリー
(Amazonより)

ザ・コーチのおすすめポイント

「ザ・コーチ」は物語形式で書かれたコーチング本です。

ストーリーを通して主人公が成長していくので感情移入しやすいですね。

堅苦しい知識が苦手な方はこの本から読むのもおすすめ。

▽ザ・コーチ

コメント