リーダーシップがわかるおすすめ本まとめ5選!〜これからの時代の新しいリーダー論〜

リーダーシップ 本

ゆーぽん(@jiyucho33)です!

今回は「リーダーシップがわかるおすすめ本まとめ5選」についてご紹介します!

リーダーシップがわかるおすすめ本の選び方ガイド

  • リーダーにカリスマ性はいらない→「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

  • 部下とのコミュニケーション→自分の頭で考えて動く部下の育て方

  • 小心者のリーダー湿布→優れたリーダーはみな小心者である。

  • 新しい働き方のリーダー像→0秒リーダーシップ

  • コミュニケーションの基本→人を動かす

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

リーダーは、弱くてもかまわない。ザ・ボディショップ、スターバックスでCEOを務めた著者が語る、まわりに推されてリーダーになる方法。
「リーダー」と聞いてあなたは、どんな姿を想像するでしょうか?
生まれつき、強いリーダーシップを持ち、プレゼンテーションも見事で、とにかくオレについてこい、というカリスマ的な雰囲気を漂わせているのがリーダーなのではないか。でも、自分はとてもそんなふうにはなれない……と悩んでいる方もいるかもしれません。
著者の岩田さんは、誰でも頑張ればリーダーになれる、と断言します。
本書は、華麗な経歴を持ちながらも、「普通のおじさん」と自認する著者が教える、「まわりに推されてリーダーになる方法」を51項目にまとめたものです。
管理職の方、新しくリーダーになった方、初めて後輩ができた方、などたくさんの人にお読みいただければ嬉しいです。
(Amazonより)

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方のおすすめポイント

「ついていきたいと思われるリーダーになる51の考え方」は元スターバックスコーヒージャパンのCEO・岩田松雄さんの本です。

リーダーは「カリスマ性がある」「エネルギッシュ」「弁が立つ」というイメージがありましたが全く違うものでした。

この本はリーダーを任されながら、そういうイメージとのギャップに悩む人におすすめです。

▽「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書

農林水産省10 大トピックス受賞の著者による科学的マネジメント

「指示待ち部下」から「ほっといても成果を上げる部下」に育てる「教えない」育成塾!
必死で教えているのに、部下がなかなか育たない。そんなあなたに知ってほしい「教えない」育成法。

自分は何もしなくても、勝手にまわりが動いてくれるようになります。
(Amazonより)

自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書のおすすめポイント

「上司1年生の教科書」のはその名前の通り、上司になりたての人におすすめ。

チームのリーダーではないかもしれませんが、部下とのコミュニケーションにとても役立つ一冊です。

▽自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書

優れたリーダーはみな小心者である。

「繊細」でなければ、「本物のリーダー」にはなれない!
日本を代表するグローバル企業で、全世界14万人のトップを務めた著者が教える「リーダーシップの教科書」!
「自信がないのが武器である」「心配性だから先見の明が育つ」「臆病者ほど決断力がある」「小心な楽観主義者が最強である」など25の知恵!
(Amazonより)

優れたリーダーはみな小心者である。のおすすめポイント

この本もいわゆるカリスマ性溢れるリーダー像とはまた違った価値観を示してくれます。

小心者だからこそリスクをイメージして対処できる。

世の中にはこういうリーダーも多いと思いますが、そういう方にとってとても勇気を与えてくれる本です。

▽優れたリーダーはみな小心者である。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

優れたリーダーはみな小心者である。 [ 荒川 詔四 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/6/5時点)

0秒リーダーシップ

グーグル(現Alphabet社)やモルガン・スタンレー等にて、長年、人材開発やリーダーシップに携わってきた著者が、グローバル化の進む日本のビジネスパーソンに向けて語る「新しい働き方」とは?
行動力、発想力、学習力、集中力、問題解決力等、未来に向けてもっとアクティブにイノベーティブに働くためのヒントがぎっしり詰まった1冊。
(Amazonより)

0秒リーダーシップのおすすめポイント

「0秒リーダーシップ」がこれまで紹介した本と異なる点は「全員がリーダーシップを持ちましょう」ということ。

デジタル化により大きく働き方が変わる時代に、誰かの指示にしたがうor指示するのではなく、誰もがリーダーシップを持って仕事をする必要があることを伝えてくれます。

アイデア、コミュニケーション、ラーニングなど、様々な方向性で書かれているのも面白いポイントでした。

▽0秒リーダーシップ

人を動かす

邦訳500万部突破の歴史的ベストセラー。
人づきあいの根本原則を実例豊かに説き起こし、時代を超えて読み継がれる不朽の名著。

あらゆる自己啓発書の原点となったデール・カーネギー不朽の名著。
人が生きていく上で身につけるべき人間関係の原則を、長年にわたり丹念に集めた実話と、実践で磨き上げた事例を交え説得力豊かに説き起こす。
深い人間洞察とヒューマニズムを根底に据え、人に好かれて人の心を突き動かすための行動と自己変革を促す感動の書。
1936年の初版刊行以来、時代に合わなくなった部分を改良するなど、折々に改訂が施されてきた現行の公式版。
(Amazonより)

人を動かすのおすすめポイント

最後は自己啓発本として超有名な本「人を動かす」。

リーダーシップに限らず、コミュニケーションで大切にしたいことがぎゅっと詰まっています。

今は文庫本が出ているので手軽に読むことができます。

私もお気に入りの本なので文庫本で買い直しました。

▽人を動かす

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人を動かす新装版 [ デール・カーネギー ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/6/5時点)

コメント